ブログ

「給食甲子園」の味を道の駅の”お弁当”に(長野県長谷中学校)

第14回全国学校給食甲子園の決勝大会に出場して大村智特別賞を受賞した長野県伊那市の長谷中学校の

給食を再現したお弁当が地元の道の駅で販売されて話題を集めているそうです。

お弁当の販売は終わりましたが、今後は道の駅の食堂で提供されることになりました。

 

長谷中学校では、地域おこしのため、生徒が中心になって地域の人と協力して伝統野菜の「八房トウガラシ」

を育ててラー油を作っています。長谷中学校の給食はこのラー油をつかっています。

そのラー油をつかったお弁当がこちら。子供たちはこのラー油が大好き。

 

 

メニュー名

ごはん、豚肉大葉の元気みそ巻き、干し野菜とこんにゃくの甘辛和え、長谷汁 と季節のおかずです。

お弁当は30食限定 700円で販売していました(お弁当は5月まで、現在は販売していない)

 

 

定食は土日20食限定 900円で道の駅の食堂で食べることができます。

 

 

この給食のメニューを開発した長谷中学校・栄養教諭・原 真理子さんからメッセージを頂きました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

第14回全国学校給食甲子園に出場したことで、地域の方々がとても喜んでくださり、様々な反応がありました。

その中で道の駅南アルプス村長谷内の「お食事処 すずな」から、

「甲子園のメニューをぜひ多くの人に食べてもらいたいのでお店で提供してもいいか」という相談をいただき、

学校とコラボした企画が実現しました。

コロナの影響でしばらくはお弁当として販売していましたが、お店で定食として販売するようになりました。

お客様の反応も良く、長谷の魅力を多くの方に知っていただく機会となりました。

これからも地域の方々と協力して長谷を元気にしていきたいと思います。

長野県伊那市長谷中学校 原 真理子

 

 

第14回全国学校給食甲子園にて大村智 特別賞を受け取る栄養教諭 原 真理子さんと調理員の中尾 志津香さん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

●参考情報●

道の駅「南アルプスむら長谷」

https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/495

 

『給食甲子園』の味を“お弁当”に 生徒が作る「ラー油」が秘訣 地域の伝統野菜「八房トウガラシ」を使用

https://www.fnn.jp/articles/-/46224

 

全国学校給食甲子園から、さらに広がる給食の輪。

地域の魅力がつまった長谷中の給食を沢山の人に味わってほしいです。