あなたの誕生樹

あなたの誕生樹NO.8

アマチャ

4月8日

4月8日はお釈迦様の誕生を祝う「花祭り」の日です。子どもの頃、近くのお寺に集まり、花で飾った小さなお堂(花御堂)の中にお地蔵さんのようなお釈迦様が立っていて、その像に甘茶をかけた行事を思い出します。これはお釈迦様が誕生した時に甘露の雨(甘い味のする露のような雨)が降ったという言い伝えによるとか。それにしても生まれたばかりのお釈迦様が右手を上に指し、左手を下に指した形で立っておられるのかという疑問を持ったのでしょうが、甘いお茶とお菓子につられたのでしょうか。このお釈迦様の立ち姿は“天上天下唯我独尊”を意味しているわけですが、これはこの世で自分が一番偉い存在だという意味ではなく、この世にある我は唯ひとつの存在であってそういう存在である我を尊重しよう大事にしようという意味だそうですね。

この時の甘茶はいわゆるツバキ科のチャノキではなく、アジサイ科のちょうどガクアジサイに似た花をつける木の葉を乾燥させたものを煎じて作るということです。

この花祭りや仏生会、灌仏会などの行事や小さなお堂の花御堂、そして注ぎかける甘茶、仏の産湯などの多くの言葉が季語になっています。

五六人子供が居りて花祭り(白石峰子)

文:椋 周二

『あなたの誕生日、何の樹?』カレンダー