ナビゲーション

第9回(2014年)決勝 決勝レポート

審査 見た目が美しく、味わいも豊かな給食が並ぶ

14名の審査委員による審査が始まる。
調理中では、衛生管理、調理技術などの視点から審査されたが、ここでは見た目と味わいの審査となる。
12校・施設の学校給食が並んだテーブルは壮観。
彩りも良く美しく、目で見ても十分に楽しめる。

審査委員は、各校・施設の作品を、時間をかけ1つ1つ丁寧に味わい、チェックしていく。
この高いレベルの給食を審査するのは、とても大変なことであろうと思われた。

審査委員 特定非営利活動法人21世紀構想研究会理事、
創英国際特許法律事務所所長、弁理士 長谷川 芳樹

「今年は白ご飯が多いですね。
これは、『料理』で勝負しているな、と思いました。
カレーが出てきたのが意外です。
大会にはあまり出てこない献立でした」

審査委員長 東京国立博物館長 銭谷 眞美

「どれも見た目がすごいです。工夫していて、みんなおいしそうです。回数を重ねるごとにレベルアップしています。
今年は、ご飯が白いものが多いです。珍しくハンバーガーもありました。
汁物の味のバリエーションが豊富で、子どもが喜びそうです。
また、器もよくなってきています。
どの作品を見ても『すごいな』と思わせられます。さすがです」

今年は東京、神奈川、大阪という都市部の学校・施設が決勝に進出したことについて尋ねてみた。

「神奈川、大阪がは初の決勝大会進出です。
決勝大会にまだ出てない県というがかなり少なくなりました。良い傾向です」

▲このページのトップへ

協賛企業
  • 株式会社久原本店グループ本社
  • SARAYA
  • 一般財団法人Jミルク
  • 味の素株式会社
  • タニコー株式会社
  • 株式会社藤江(ふじのゑ)
  • 一般財団法人教職員生涯福祉財団
  • 菜友
  • 株式会社日本一
  • 武蔵エンジニアリング株式会社
  • 株式会社ヤクルト本社
  • AIHO アイホーの調理機
  •  アサヒグループ株式会社(アマノフーズ)
  • NAKANISHI
  •  シマダヤ
  •  全国学校給食協会
  •  一般財団法人創英IPラボ
  • 株式会社フジマック
  • みそ健康づくり委員会
  • 森永乳業株式会社
  •  ラバファルト株式会社
  • 理研ビタミン
  • 学校給食用食品メーカー協会
  • 学校食事研究会
  • キッコーマンバイオケミファ株式会社
  • 一般財団法人機能水研究振興財団
  • 株式会社教育新聞社
  • 三信化工株式会社 あんしんを約束 おいしいを演出
  • 新日本厨機
  • 全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会
  • 日本産・原木乾しいたけをすすめる会
  • 三浦工業株式会社
  • 三島食品株式会社
  • ミドリ安全株式会社
  • 株式会社ワコウ
協力
学校法人香川栄養学園
主催
NPO 21世紀構想研究会