主催者紹介・挨拶

特定非営利活動法人21世紀構想研究会の紹介

21世紀までに残り3年余になった1997年9月26日、21世紀構想研究会は創設されました。当時、IT(情報技術)の急速な進展によって製造現場がコンピューターで標準化され、インターネットの普及であらゆる情報が瞬時に地球を駆け巡るようになり、距離感と時間差がなくなる世界が出現していました。

日本の研究と産業現場は知的基盤の強固な仕組みを構築することが喫緊の課題となり、真の科学技術創造立国と知的財産立国を確立する必要性に迫られていました。
そのような命題を解決するために、産業界、官界、学界、マスコミの4極から有志を集め、課題を掲げて討論し解決策を模索するため21世紀構想研究会は活動してきました。

2001年6月に、東京都から特定非営利活動法人21世紀構想研究会として認可され、研究会での討論の内容を適宜、政府や産業界への提言として訴え、時には政府審議会のパブリックコメントなどでも積極的に発言してきました。

研究会の下部組織として知的財産委員会(荒井寿光委員長)、教育委員会(銭谷眞美委員長)、生命科学委員会(黒木登志夫委員長)を順次設置し、そこでは各論的なテーマを深く掘り下げる討論を行ってきました。

教育委員会は、日本の教育現場の課題解決を討議する場として設置し、2005年に政府の食育基本法の制定、栄養教諭制度の発足を受けて、2006年に全国学校給食甲子園を創設しました。
次世代の日本を背負っていく児童・生徒たちの栄養と健康を担っている学校給食は、食育の根幹に位置していることを改めて認識し、食育と学校給食の役割を多くの人々に正しく理解してもらうことを目的に創設したものであります。

主催者挨拶

2016年12月に開催された第11回全国学校給食甲子園®大会は、全国から2004通の応募をいただき、盛大な開催となりました。 新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネットなどのメディアで大きく報道されて多大な反響をいただきました。
ご応募された全国の学校および給食センターの方々をはじめ、開催に向けてご支援いただいた関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

本大会は学校給食で提供されている献立内容や、地場産物の活かし方を競いながら食育を啓発することを目的としております。 同時にこの活動を通じて、地域の活性化につながることに貢献したいと考えております。
また本大会が給食に携わる栄養教諭、学校栄養職員、調理員の皆様の励みとなり、子供たちや父母、 学校の教職員全体に生きがいや活力を与える大会にしたいと考えております。
育ち盛りの児童生徒の健全な食生活を考えながら、多くの方々に学校給食の重要な役割を知っていただく機会にしたいと思います。

第12回大会も、より一層の成果をあげて食育推進の一助にしたいと考えておりますので、皆様のいっそうのご理解、 ご支援をお願いいたします。

特定非営利活動法人21世紀構想研究会
理事長 馬場錬成(元読売新聞論説委員)