主催者紹介・挨拶

特定非営利活動法人21世紀構想研究会の紹介

 21世紀まで残り3年を切った1997年9月26日、日本の将来の指針を研究するグループと して21世紀構想研究会は発足しました。時まさにIT産業革命が叫ばれ、新たな技術革新の 波に乗らなければ日本の未来は危ういという時代でした。それを解決するには、知的基盤の強固な研究現場と産業振興の技術革新を実現し、真の 科学技術創造立国と知財立国を確立する必要がある。21世紀構想研究会は、このテーマを 解決する討論の場としてスタートを切りました。

 研究会の会員は、主としてベンチャー企業、 行政官庁、大学、マスコミの4極から参加し、毎回、活発な議論を展開して来ました。20年を経て、世界は激変してきました。A(I Artificial Intelligence、人工知能)、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)の足音が急速に近づき、研究現場も産業界も未 知の世界に向かって大競争時代に突入しています。5年後、10年後に消える企業、生き残る 企業が峻別され、時代の流れに適応できなければ瞬時に濁流に呑み込まれる時代になったのです。

 私たち21世紀構想研究会は、未来の日本の在り方を模索しながら会員自らの研鑽も積み重ねながら、これからも実りある討論と意見表明を続けていきます。

 研究会で得られた成果を社会に訴えて啓発をはかりながら、国の政策にも結びつくように活動するという目的も、回を追うにしたがって明確となり、政府審議会のパブリックメントなどにも積極的に発言するようにしています。

 研究会は、生命科学委員会(黒木登志夫委員長)、知的財産委員会(荒井寿光委員長)、教育委員会(銭谷眞美委員長)が下部組織として活動を続けています。会員数は現在約100人であり、アドバイザーとして荒井寿光・元内閣官房知的財産戦略推進事務局長、安西祐一郎・日本学術振 興会理事長、大村智・北里大学特別栄誉教授、沖村憲樹・元JST理事長、黒川清・元日本学術会議会長、黒木登志夫・元岐阜大学学 長、銭谷眞美・東京国立博物館館長、利根川進・MIT教授、藤嶋昭・東京理科大学学長、吉川弘之・元東大総長の方々にお願いし活動への助言をいただいています。

 全国学校給食甲子園は、教育委員会の事業として始めたものです。次世代の子供たちの健康と栄養管理について重要な役割を担っている学校給食の正しい理解と食育の振興のために尽力したいと思います。

 特定非営利活動法人21世紀構想研究会のHPは下記にあります。

 http://www.kosoken.org/

主催者挨拶

 2006年に始まった全国学校給食甲子園は、今年12回を迎えこれまでのべ応募数は、22,215件となりました。このように多くの栄養教諭・学校栄養職員の先生方から応募をいただいたことに改めて感動を覚えております。

 この大会は、1997年に日本の将来を考える討論の場として創設した特定非営利活動法人21世紀構想研究会が、子どもたちの健康と成長を願って開催したものです。学校給食を多くの人々に正しく理解してもらいたいという願いと、児童・生徒の成長と健康を願うために行っているものです。学校給食は食育の中心に位置するものであり、同時に保護者、生産者、教育関係者ら多くの人々の理解と支援を受けていることに感銘を受けています。

 本大会が給食に携わる栄養教諭・学校栄養職員、調理員の皆さまの励みとなり、子どもたちや父母、学校の教職員全体に生きがいや活力を与える大会にしたいと考えております。そして育ち盛りの児童・生徒の健全な食生活を考えながら、 多くの方々に学校給食の重要な役割を知っていただく機会 にしたいと思います。より多くの成果をあげて食育推進の一助にしたいと考えておりますので、皆さまのいっそうのご理解、ご支援をお願いいたします。

特定非営利活動法人21世紀構想研究会
理事長 馬場錬成