• HOME
  • 2018年 第13回大会
  • 予選審査結果

13th contest 第13回大会について

代表者紹介

九州・沖縄ブロック
熊本県

八代市東陽学校給食センター

  • 所在地
    熊本県八代市東陽町南3405番地2
  • 施設名
    八代市東陽学校給食センター
  • 受配校
    • 八代市立 東陽小学校
    • 東陽中学校
    • 泉小中学校
  • 食数
    247食
  • 栄養教諭 松田 英津子
  • 調理員 黒川 知尋

八代市東陽町は、四季折々の景観が美しい地域で、その豊かな自然から特産品(しいたけ、かぼす、しょうがなど)が多数あります。また、東陽町を流れる川には、あゆややまめが生息しています。町では4年前よりやまめの養殖に取り組んでいます。そのやまめを給食に取り入れたいと思い、今回の献立はやまめの塩焼きにしました。子どもたちが川魚をおいしく食べることができるように、給食センターでは3回の試作を行い、骨まで柔らかく焼き上げることができました。副菜には、ひじきを使い、不足しがちな鉄分・食物繊維を補いました。ひじきに味をつけマヨネーズであえているので、子どもたちにも食べやすい味です。さつまいもごはんは、八代産のお米と町で収穫されたさつまいもを使ったごはんです。
当センターでは毎月19日を「ふるさとくまさんデー」とし、地場産物や郷土料理を紹介します。5年生は社会科で、食糧生産、水産資源、地産地消を学習します。八代市農林水産課からは、身近な地域の水産業について学ぶことができました。ゲストティーチャーの方々とやまめの給食を会食し、子どもたちはやまめを全員残さず食べることができました。

献立
  • さつまいもごはん
  • 牛乳
  • 東陽・泉の川魚 やまめの塩焼き
  • ひじきサラダ
  • かきたま汁
  • エネルギー 656kcal
  • マグネシウム 100 mg
  • ビタミンB2 0.56 mg
  • たんぱく質 26.4 g
  • 鉄 2.7 mg
  • ビタミンC 34 mg
  • 脂質 20.6 g
  • 亜鉛 2.8 mg
  • 食物繊維 5.0 g
  • 脂質 28.3 %
  • ビタミンA 239 μgRE
  • 食塩相当量 2.3 g
  • カルシウム 357 mg
  • ビタミンB1 0.34 mg
  • 魚を食べることが苦手な低学年の子ども達も、東陽町ヘルスメイトさんの応援を得て、きれいに完食!

  • 5年生は、ヤマメの給食にあわせて身近な地域の水産資源について学習し、守り育てる漁業の大切さを知りました。

  • 塩焼きはシンプルなだけに、焼き加減・塩加減が難しい料理。3回の試作を経て、美味しいヤマメの塩焼きができました!