第12回大会

熱闘終わり、いよいよ表彰式

選手たちの熱闘も終わり、いよいよ表彰式を迎えました。
決勝大会進出の12校・施設は、入賞の表彰状と協賛社から提供された副賞、記念品を授与されました。
部門賞と優秀賞の発表の後、特別賞、準優勝、優勝の発表となります。

熱い闘いを終えた選手たち

今大会から、決勝大会進出を果たした選手にメダルが授与される

優秀賞(武蔵エンジニアリング賞) 
…特に有効に調理機器を活用… 
兵庫県 芦屋市立精道小学校

栄養教諭・奥 瑞恵さん
調理員・浦口 正義さん

【献立】
もち麦入りご飯+レモン入りふりかけ、牛乳、根菜ゴロゴロオムレツ+淡路のトマトソース、もち麦麺のイタリアンソース、レタスのスープ

優秀賞(三井製糖賞) 
…特に味のバランスに優れている… 
福島県 福島県立相馬支援学校

学校栄養職員・服部 恵未子さん
調理員・横山 千秋さん

【献立】
むぎごはん、牛乳、牛肉のスタミナ炒め、野菜のじゃこあえ、あおのりのみそ汁

優秀賞(船昌賞) 
…特にうまく地場の食材を活用… 
新潟県 新潟市立女池小学校

栄養教諭・金永 雅美さん
調理員・石塚 恵海さん

【献立】
だいこん菜めし、牛乳、越後もちぶたのごまみそあえ、のり酢あえ、にいがた流ちょい塩・打ち豆のすり流し、ぽっぽいも

優秀賞(藤江(ふじのゑ)賞) 
…特に優れた調理技術を発揮… 
愛媛県 西条市立神拝小学校

栄養教諭・武方 美由紀さん
調理員・川名 良子さん

【献立】
みきゃんライス、牛乳、媛っこ地鶏の香草パン粉焼き、愛南栽培ひじきのサラダ、ほうれんそうのクラムチャウダー、キウイフルーツ

こども審査員特別賞 
…毎日給食を食べている小学生が最も食べたい給食… 
佐賀県 神埼市学校給食共同調理場

栄養教諭・阿部 香理さん
調理員・岡 健一さん

【献立】
彩りわかめごはん、牛乳、ぶた肉のかわりフライ みかんソースかけ、のりおかかサラダ、れんこんのつみれ汁

女子栄養大学特別賞  
岡山県 新見市立新見学校給食センター

栄養教諭・西村 香苗さん
調理員・徳永 日登美さん

【献立】
新見産米ごはん、牛乳、チョウザメの唐揚げ県産塩麹だれかけ、キャベツと花切だいこんのあえもの、千屋牛肉入りふるさと汁、新見産ピオーネ

特定非営利活動法人21世紀構想研究会特別賞  
群馬県 川場村学校給食センタ-

学校栄養職員・阿部 春香さん
調理員・桑原 敦志さん

【献立】
ごはん(雪ほたか)、牛乳、赤城鶏ときのこのみそグラタン、ほうれんそうの煮びたし、豆腐のすまし汁、川場のりんご

応募献立食育部門特別賞 
…決勝前日に行われた食育コンテストで、最も優れた食育授業を行った… 
福井県 春江坂井学校給食センター(坂井市立東十郷小学校)

栄養教諭・越桐 由紀子さん

【献立】
あぶらげと富津金時のごはん、牛乳、赤がれいの唐揚げ、福井野菜の五目あえ、かきたまみそ汁、羽二重もち

準優勝(家族の笑顔 株式会社日本一賞)  
奈良県 宇陀市立学校給食センター

学校栄養職員・辰己 明子さん
調理員・宇良 章子さん

【献立】
宇陀の黒豆ごはん、牛乳、大和肉鶏のグリル 宇陀産自家製ブルーベリーソース、大和まなのかみかみ酢の物 ゆずの香り、かぶの雪見汁、黒豆を使ったずんだもち風あんもち

学校栄養職員・辰己 明子さん
「ありがとうございます。とても嬉しいです。これで給食センターに帰れます。
 この結果は、毎日野菜を届けてくれる農家の皆様や、宇陀市の皆さんのおかげだと思います」

 感極まっての短い言葉ですが、感謝の想いがたっぷりと詰まっていました。

調理員・宇良 章子さん
「給食センターの他の皆も頑張ってくれています。皆と一緒にいただいた賞だと思います。これからも頑張ります」

 宇良さんは、第8回大会、第11回大会でも決勝に進出し、第11回大会では特定非営利活動法人21世紀構想研究会特別賞を受賞しました。

優勝(久原本家グループ本社賞)  
埼玉県 越生町立越生小学校

栄養教諭・小林 洋介さん
調理員・三好 景一さん

【献立】
山吹の花ごはん、牛乳、越生うめりんつくね、五大尊つつじあえ、上谷の大クス汁、ゆずの里ゼリー

栄養教諭・小林 洋介さん
「本日はこのような素晴らしい賞をいただきましてまことにありがとうございました。
 誰にでも喜ばれる給食を作るために、常に最善を尽くそうと、採用されて以来ずっと頑張って参りました。今日、それが報われて優勝することができて、よかったと思います。
 今日この日を迎えるまでに多くの方に支えられ、練習も一生懸命頑張ってきました。
 調理員さんはとてもおいしい給食を作ってくれています。
 明日からも子供たちのために、おいしい給食を作りたいと思います」

 小林さんは、第7回大会でも決勝大会に進出し、今回は遂に優勝旗を手にしました。

調理員・三好 景一さん
「本日はこのような場をいただきまして、まことにありがとうございます。
 僕は小林先生についていくだけでいっぱいいっぱいで、先生の足を引っ張らないようにという気持ちだけでついてきました。
 先生の、越生町と子どもたちへの愛を強く感じていただき、だからこそいただけた賞だと思います」

 三好さんは大きな優勝カップを手に、笑顔で喜びを語りました。