鳥取県 三朝町調理センター

中国・四国ブロック

所在地 東伯郡三朝町本泉430
施設名 三朝町調理センター

 三朝町は「地域の子どもは地域で育てる」という教育理念が根付いており、学校・家庭・地域が一体となって子育てする土壌です。献立は年間計画を作成し、地場産物を取り入れるだけでなく、教科と連携し学校給食を生きた教材として活用することができるよう努めています。
 今回の献立は、町をあげて取り組んでいる「神倉大豆」と、鳥取県の特産物である長芋とらっきょう、あご竹輪を組み合わせた「鳥取県と三朝町のコラボレーション」献立です。「神倉大豆」を使った「枝豆じゃこごはん」、北栄町の長芋と「神倉豆腐」と豆乳を使った「長芋豆乳グラタン」 、福部町のらっきょうを刻みドレッシングのアクセントとして使った「らっきょうサラダ」。そして、鳥取県特産のあご竹輪と三朝町の特産物の椎茸から作った椎茸茶をだしに使った「椎茸茶のすまし汁」です。
 当町が食育の推進に取り組んでから今年で11 年目を迎えます。生産者の皆さんは三朝町食育推進委員会のメンバーとして活動していただいています。町をあげての継続的な食育の推進活動によって、地域住民の食に対する意識、関心が深まり、食育がしっかりと根付いています。

栄養教諭
山下 恵さん
調理員
小椋 陽子さん

献立名 枝豆じゃこご飯、 牛乳、 長芋豆乳グラタン、 らっきょうサラダ、 椎茸茶のすまし汁、 メロン
エネルギー 663 kcal、 たんぱく質 25.5 g、 脂質 17.7 g (24.0 %)、 カルシウム 428 mg、 マグネシウム 112 mg、 鉄 3.0 mg、 亜鉛 4.4 mg、 ビタミンA 341 μgRE、 ビタミンB1 0.60 mg、 ビタミンB2 0.58 mg、 ビタミンC 61.0 mg、 食物繊維 6.4 g、 食塩相当量 2.5 g