鹿児島県 屋久島町学校給食東部地区共同調理場

九州・沖縄ブロック

 屋久島の海で水揚げされたとびうおは、地元では「トッピ一」と呼ばれ親しまれています。給食では地元の漁協から納めてもらった新鮮なとびうおを使った料理を多く取り入れています。今回は油で揚げたとびうおに、地元で1年中収穫される青パパイヤを使った甘酢あえを添えます。「もずくのみそ汁」は日頃不足しがちな海藻類を手軽に摂取できる調理法として、献立表や食育だよりを通して家庭にも情報を発信しています。だしは屋久島特産のさば節を使ってとります。デザートは地元の特産品「たんかん」の果汁を使ったフルーツポンチです。

 天候に左右されやすい屋久島では地域の生産者と密に連絡を取り合いながら給食に取り入れています。また、家庭へは地元食材を使用した簡単レシピを配布し家庭における食育のきっかけ作りを行っています。保護者や地域の方を対象とした給食試食会も計画され、学校給食や食に関する情報発信の場となっています。地元の伝統菓子「ろうそく団子」「さるとりいばらのかからん団子」「さねん葉のよもぎ餅」なども今後給食への取り入れを検討中です。

所在地鹿児島県熊毛郡屋久島町安房1264-7
施設名屋久島町学校給食東部地区共同調理場
出場者名栄養教諭 西野間かおりさん、調理員 東美代子さん

献立名 雑穀いもごはん、 牛乳、 トッピーのからあげ、 青パパイヤと野菜の甘酢あえ、 もずくのみそ汁、 屋久島たんかんポンチ
エネルギー 687kcal、 たんぱく質 27.6g、 脂質 17.7g (23.1%)、 カルシウム 350mg、 マグネシウム 107mg、 鉄 4.1mg、 亜鉛 2.7mg、 ビタミンA 216μgRE、 ビタミンB1 0.49mg、 ビタミンB2 0.47mg、 ビタミンC 67mg、 食物繊維 5.2g、 食塩相当量 2.5g