鹿児島県 枕崎市立学校給食センター

九州・沖縄ブロック

所在地鹿児島県枕崎市中央町183番地4
施設名枕崎市立学校給食センター
出場者名瀬戸 光代、本柳 慎二

 枕崎市はかつおが有名で、学校給食でも毎月3〜4 回、かつおを使った献立を取り入れています。
 枕崎牛についてはなかなか知られていないのが現状です。学校給食を通して児童生徒、地域の方々においしい枕崎牛を知ってほしく、月1 回枕崎牛を使った学校給食を取り入れています。
 毎月、給食センター、地元の生産者グループ、農政課で「学校給食野菜供給検討会」を開き、地元でとれる野菜などを学校給食に活用しています。児童生徒と生産者との交流会を行い、交流給食を実施しています。児童生徒からのお手紙や食に関する作文を各学校に食育通信として放送してもらいます。また、地元の食材を使用した日は献立表や給食だより、食材資料として学校や家庭へお知らせしています。
 年間行事の際の献立では、鹿児島の郷土料理である、奄美の鳥飯、さつますもじ、ガネ、豚みそ、豚汁、さつま汁などを取り入れています。鹿児島の伝統食であるさつま揚げは、地元の水産高校の生徒が作ったものを使用しています。

献立名 九州の恵みの雑穀ごはん、牛乳、枕崎牛の梅風味揚げ、にがうりのサラダ、とうがんとしらす干しのかきたま汁、早生みかん
エネルギー729kcal、たんぱく質29.5g、脂質20.9(25.8%)、カルシウム352mg、マグネシウム117mg、鉄3.4mg、亜鉛4.8mg、ビタミンA=270μgRE、ビタミンB1=0.61mg、ビタミンB2=0.6mg、ビタミンC=66mg、食物繊維6.1g、食塩相当量3.1g