岩手県 岩手大学教育学部附属特別支援学校

北海道・東北ブロック

所在地岩手県盛岡市東安庭3-4-20
施設名岩手大学教育学部附属特別支援学校
出場者名斉藤 洋子、目黒 沙織

 子ども達が自校産などで直接手に触れた食材や、身近な食材を給食で使用して、子ども達の食べる意欲につなげています。
 「黒豆ごはん」の黒豆は、岩手大学農学部の農場で栽培されており、高等部の生徒が選別の手伝いをしています。
 「鮭立田きのこソースかけ」は、岩手県の魚である鮭を使用しています。
 ヤーコンは、中学部の園芸班が収穫した自校農園産です。
 また、すき昆布は岩手県産です。
 「ひっつみ汁」( 郷土食) は、定番人気メニューです。普通の「ひっつみ汁」の時もありますが、今大会のものは味に変化をもたせ、寒くなってきた頃に体が温まる「みそ豆腐ひっつみ」です。大根、長葱、小松菜、みそは岩手県産のものです。また、盛岡は豆腐の消費量日本一で、盛岡市の学校給食では、毎月「豆腐の日給食」を実施しています。
 りんごは、学校の近所の吉田果樹園さんのもので季節にあったおいしい品種のものを届けてくれます。

献立名 岩手の黒豆ごはん、牛乳、岩手の鮭立田きのこソースかけ、シャキシャキヤーコンとすき昆布炒め煮、みそ豆腐ひっつみ、東安庭りんご
エネルギー812kcal、たんぱく質36.7g、脂質21.6(26%)、カルシウム393mg、マグネシウム134mg、鉄3.3mg、亜鉛3.6mg、ビタミンA=261μgRE、ビタミンB1=0.94mg、ビタミンB2=0.75mg、ビタミンC=19mg、食物繊維8.6g、食塩相当量3.4g