岩手県 平泉町立平泉小学校

北海道・東北ブロック

所在地岩手県西磐井郡平泉町平泉字倉町155番地
施設名平泉町立平泉小学校
出場者名菅原 良枝、山平 まゆみ

復興への希望、世界遺産登録で
献立に込めた「共に生きる」理念

 今年6月、平泉の文化遺産がユネスコ世界遺産に登録されました。これは東日本大震災で大きな痛手を受けた岩手にとって、大きな希望であり復興への弾みとなるものです。本校では平泉の文化・産業・観光等のふるさと学習に取り組んでおり、給食作りでも郷土愛を育む献立を大切に考えています。
 「きんいろ丸パン」は、町内産小麦ユキチカラ100%で地元業者が製造し、月1回給食に取り入れています。5年生で地域産業を学習するため、奥州藤原氏の栄華にあやかるようにとの「ごりやく麺(町内産米「ひとめぼれ」100%使用)」など特産物も使っています。
 献立には、初代藤原清衡公が願った「浄土思想」の理念、「あらゆる生命を尊び共に生きること」を食の大切さを通して伝え、次の世代にも引き継いでいってほしいという願いが込められています。

献立名 きんいろ丸パン、牛乳、
いわいどりのじゅうね味噌焼き、
ひじきのごまサラダ、
ごりやく麺の和風ミネストローネ、大文字りんご
エネルギー608kcal、たんぱく質25.3g、脂質20.6g(30.5%)、カルシウム355mg、マグネシウム90mg、鉄3.1mg、亜鉛2.2mg、ビタミンA230μgRE、ビタミンB1=0.41mg、ビタミンB2=0.55mg、ビタミンC=34mg、食物繊維6.3g、食塩相当量2.5g