長崎県 峰学校給食共同調理場

九州・沖縄ブロック

所在地長崎県対馬市峰町佐賀608-1
施設名峰学校給食共同調理場

海の幸・山の幸の宝庫で
いかと猪がコラボした「ごま味噌焼き」

 自然がいっぱいの峰町の東は漁業、西は農業が中心で海の幸・山の幸の宝庫。今年5月から東部漁協で捕れた新鮮な魚を女性部の方がさばいて給食に納めてもらっている。イカ釣り漁が主で、5年生の社会科では水産業普及センターの方や漁師さんから話を聞いた。
 農政技術普及課とJAと生産者とは、たくさんの農作物を納めていただけるように月に1回情報交換をし、総合的な学習の時間にもかかわってもらっている。
 「対馬ごま味噌焼き」は「やりいか(漁火焼き)」と「いのしし(ぼたん焼き)」のコラボ。「ろくべえ」は、対馬の人の知恵の結晶「せん」から作る麺が入った郷土料理で、「せん」はさつまいもを何度も発酵・さらし・乾燥させて作る。
 対馬赤米は、赤米神事の伝統を受け継いできた全国で3ヶ所の神社の一つ、多久頭魂(たくづたま)神社の神饌米(しんせんまい)として栽培されてきた。

出場者名佐田(さた) マキ、松村 哲子

献立名 やまねこの里の赤米(あかごめ)ご飯、牛乳、
対馬ごま味噌焼き(漁火焼きとぼたん焼き)
紅白かぶの甘酢和え、ろくべえ、豆酘(つつ)みかん
エネルギー697kcal、たんぱく質25.4g、脂質18.4g(23.8%)、カルシウム393mg、マグネシウム113mg、鉄3.8mg、亜鉛3.7mg、ビタミンA328μgRE、ビタミンB1=0.37mg、ビタミンB2=0.59mg、ビタミンC=66mg、食物繊維7g、食塩相当量2.4g