香川県 三豊市立詫間中学校

中国・四国ブロック

所在地香川県三豊市詫間町詫間5796番地1
施設名三豊市立詫間中学校

「焼き鯛」を家族で分け合う
「さつま」に込められた生活の知恵

「さつま」とは,もともとは,腐りやすい魚を上手に食べた先人たちの知恵の料理。たくさんとれた魚を焼き、身をほぐして、香ばしく焼いたみそを魚の骨でとっただしでのばした中へ加えて、ごまといっしょに混ぜて,熱々のごはんにかけて食べた。祝いごとのお膳などについている「焼き鯛」を家族みんなで食べる工夫でもあった。
先人の生活の知恵や工夫から生まれた料理なので年2回給食に取り入れている。素朴な味つけだが、意外にも人気メニューのひとつになっている。日本一の産地である金時にんじんのおいしさを知ってもらおうと、冬場はできるだけ使う。「金時にんじんの松葉あげ」は、地元で取れる「かえり(小煮干し)」と一緒にかき揚げにする。油で揚げることでこのにんじんの甘みが生かされ、作り方を教えてほしいという声も上がるほど好評で、給食の定番メニューになった。

出場者名大矢美智子、真鍋こずえ

献立名 麦ごはん、牛乳、さつま、金時にんじんの松葉あげ、
ブロッコリーの甘酢あえ、そうめん汁、みかん
エネルギー869kcal、たんぱく質36.6g、脂質24.9g(25.8%)、カルシウム479mg、マグネシウム131mg、鉄4.1mg、亜鉛4.0mg、ビタミンA545μgRE、ビタミンB10.88mg、ビタミンB20.66mg、ビタミンC82mg、食物繊維7.5g、食塩相当量2.7g