島根県 松江市立八雲学校給食センター

中国・四国ブロック

所在地島根県松江市八雲町西岩坂874−3
施設名松江市立八雲学校給食センター

秋実感、宍道湖の夕映え表す
蜆炊き込みご飯に野菜たっぷりふる里汁

 汽水湖の宍道湖は魚介類の宝庫。「夕映えごはん」は、その代表格である「しじみ」を使って炊き込みごはんにした。湖に沈む夕日を表現するため、すりおろした「にんじん」と県産赤ワインを加えて炊きあげ、塩昆布で味にアクセントをつけた。
 給食センターでは、平成元年に「学校給食用野菜生産グループ」を結成し、年間約40種類の野菜を調達している。
グループの農家の方たちは、子どもたちの農作業体験の指導や畑地の提供などでも協力し、食育の一端を担っている。この多種類の野菜と、地区加工施設の「こんにゃく」「みそ」を使った「意宇の里汁」は子どもたちにいつも好評である。使っている「島根のだしっこ」は、県学校給食会物資選定委員会(県学校栄養士会)の開発商品。今回の献立で、「島根・松江の採れたて丸ごと秋」を子どもたちに実感してもらい、郷土愛や先人の知恵、農家の方々の苦労や喜びを学ぶ教材にする。

出場者名長島 美保子、宇山 宏文

献立名 宍道湖の夕映えごはん、牛乳、意宇の里汁、
はぜの天ぷらレモンそえ、あらめの炒め煮、
あわせ柿
エネルギー658kcal、たんぱく質28.4g、脂質16.3g(22.3%)、カルシウム486mg、マグネシウム131mg、鉄3.7mg、亜鉛3.2mg、ビタミンA263μgRE、ビタミンB10.17mg、ビタミンB20.42mg、ビタミンC47mg、食物繊維7.3g、食塩相当量2.9g