長崎県 壱岐市立芦辺小学校

九州・沖縄ブロック

所在地長崎県壱岐市芦辺町芦辺浦546
施設名壱岐市立芦辺小学校

魏志倭人伝の世界が広がる
古代米入り「原の辻赤米ごはん」

 「魏志倭人伝」にも登場する壱岐には弥生時代を中心とする「原の辻遺跡」があり、そこでは昔ながらの方法で古代米の赤米が栽培されている。その赤米と壱岐産の米を炊いたのが、「原の辻赤米ごはん」。歴史を感じる献立になっている。
 周辺の豊かな海で獲れるいかを使って「いかしゅうまい」にした。皮をはいだ状態で漁協から届く、するめいかの胴体部分を粗みじんに切り、たまねぎ、鶏ミンチと合わせて具にする。
「ひじきのマヨネーズ和え」は、壱岐の海でとれたひじきとしらたきに下味をつけ、ゆがいたざく切りのほうれんそう、千切りのにんじんと自分でマヨネーズで和えるので子どもたちに好評のメニュー。「ふりかけ」は、地元でとれた大根の葉としらす干し、いりごまを使い、安価で無駄をなくすことにもつながる料理だ。「ひきとおし」は壱岐の郷土料理の一つ。地鶏と地物野菜、壱州豆腐などを入れ、最後にそうめんを加える。

出場者名村上 恭代、大川 芳子

献立名 原の辻赤米ごはん、牛乳、ひきとおし、
いかしゅうまい、ひじきのマヨネーズ和え、
大根葉のふりかけ
エネルギー682kcal、たんぱく質27.6g、脂質18.7g(25%)、カルシウム443mg、マグネシウム118mg、鉄3.9mg、亜鉛3.3mg、ビタミンA662μgRE、ビタミンB10.30mg、ビタミンB20.51mg、ビタミンC24mg、食物繊維5.0g、食塩相当量3.0g