東京都 江戸川区立下鎌田小学校

関東ブロック

所在地東京都江戸川区西瑞江2丁目29番地
施設名江戸川区立下鎌田小学校

名産小松菜の活用にかけた
情熱が生み出した新メニュー

 どうして地元名産の小松菜を給食に活用できないのだろう。この学校栄養職員の長年の思いとJA青年部長の地元の児童に食べさせたいという熱い願いが一致。平成16年10月から地区7校で月2回、昨年からは通年活用が可能となった。小松菜はどんな料理にも活用でき、カルシウムも豊富。JA女性部とも連携し、新メニューの開発が進められた。
学校でも、日本一の生産量を誇る江戸川区の小松菜を理解する授業を展開。区が今年から取り組む区内一斉小松菜メニューの日(11月)に合わせてさらに学習を発展させる。
 野菜嫌いの児童にも大人気で自慢の作品は、小松菜饅頭、小松菜ケーキ、びっくり白玉、桜海老と小松菜のふりかけ、小松菜入り芋餅、小松菜入り中華まん、小松菜入りビスキュイパン、生地に小松菜を入れた手作りナンなどだ。

出場者名千葉 幸子、長谷川 雅亮

献立名 小松菜入りナンとキーマーカレー、牛乳、
マカロニのソテー、粉ふき芋、
ひじきと大豆のサラダ、びっくり白玉
エネルギー634kcal、たんぱく質24.1g、脂質18.1g(26.7%)、カルシウム418mg、マグネシウム108mg、鉄3.4mg、亜鉛2.6mg、ビタミンA525μgRE、ビタミンB1 0.43mg、ビタミンB2 0.57mg、ビタミンC47mg、食物繊維7.5g、食塩相当量2.9g