ナビゲーション

第1回(2006年)決勝 前夜祭

大会前日、代表12校、女子栄養大学に集結(11月4日)

 甲子園球場に高校球児を迎えるのと同じだった。「栄冠は君に輝く」のメロディにのって前夜祭のレセプションは始まった。
 全国1514校・施設参加の第1回「全国学校給食甲子園」。決勝大会を翌日に控えた11月4日午後、全国6ブロックの代表12校・施設の選手24名が会場の東京・駒込、女子栄養大学に集合した。
 調理機器の点検、食材の搬入等を行った後、夕方から始まったレセプションには、後援、協賛、協力をお願いした団体、企業のみなさんや報道関係者等が出席。冒頭のメロディと暖かい拍手のなか選手入場となった。

女子栄養大学、香川学長の挨拶と乾杯

 主催者・特定非営利活動法人21世紀構想研究会を代表して理事長の馬場錬成・東京理科大大学院教授が歓迎の挨拶、ついで立った実行委員長、辻村哲夫・東京国立近代美術館長が選手を激励した。乾杯の発声は、決勝大会に施設の提供をしていただいた女子栄養大学、香川芳子学長。
 同学長の物静かな語り口が、ちょっぴり緊張していた会場の空気を和ませ、「乾杯!」を皮切りに笑顔が拡がり、「今宵限りは勝負を忘れて」とばかりに出場者同士の交流の輪も。同大学内にあるレストラン、松柏軒の関東の地場産物を使った美味しい料理に舌鼓を打った。

息もぴったりの決意表明に参加者一堂笑いの渦に

 宴もたけなわとなったころでメーンイベント。各校・施設出場者による決意表明である。12チームいずれも味のあるスピーチであったが、なかでも目を引いたのが中国・四国地区代表、島根県江津市立桜江学校給食センターの山田菜穂子さんと舩津里子さん。地元や学校給食の特色をイラストで描いたスケッチブックを使って紹介、会場を笑いの渦に巻き込んだ。

いつ練習したのだろうか?
息もぴったりの決意表明に参加者一堂笑いの渦に。

当たって欲しい?選手宣誓。 甲信越・北陸ブロック代表、埋橋さんが引き当てる

 続いて行われたのが翌日の選手宣誓者を決めるくじ引き。甲信越・北陸代表、長野県長谷学校給食共同調理場の埋橋惠美さんがひき当て、ご本人は「どうしよう。今晩は眠れないわ」。
 たくさんの笑いのなか、「明日の健闘」を誓って集いは幕を閉じた。

当たって欲しい?選手宣誓。
甲信越・北陸ブロック代表、埋橋さんが引き当てる。

▲このページのトップへ

協賛企業
  • 株式会社久原本店グループ本社
  • SARAYA
  • 一般財団法人Jミルク
  • 味の素株式会社
  • タニコー株式会社
  • 株式会社藤江(ふじのゑ)
  • 一般財団法人教職員生涯福祉財団
  • 菜友
  • 株式会社日本一
  • 武蔵エンジニアリング株式会社
  • 株式会社ヤクルト本社
  • AIHO アイホーの調理機
  •  アサヒグループ株式会社(アマノフーズ)
  • NAKANISHI
  •  シマダヤ
  •  全国学校給食協会
  •  一般財団法人創英IPラボ
  • 株式会社フジマック
  • みそ健康づくり委員会
  • 森永乳業株式会社
  •  ラバファルト株式会社
  • 理研ビタミン
  • 学校給食用食品メーカー協会
  • 学校食事研究会
  • キッコーマンバイオケミファ株式会社
  • 一般財団法人機能水研究振興財団
  • 株式会社教育新聞社
  • 三信化工株式会社 あんしんを約束 おいしいを演出
  • 新日本厨機
  • 全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会
  • 日本産・原木乾しいたけをすすめる会
  • 三浦工業株式会社
  • 三島食品株式会社
  • ミドリ安全株式会社
  • 株式会社ワコウ
協力
学校法人香川栄養学園
主催
NPO 21世紀構想研究会