鹿児島県 指宿市指宿学校給食センター

九州・沖縄ブロック

所在地鹿児島県指宿市東方8790番地17
施設名指宿市指宿学校給食センター

神経バランス保つビタミンB12が多い
かつおの腹皮を活用

 県内産、指宿産の地場産物である、かつおの腹皮、そらまめ、黒豚を使ったメニュー。そらまめには鉄、亜鉛、食物繊維が多く含まれている。かつおは鹿児島で多く水揚げされる魚で、主成分はたんばく質。ビタミンB12を多く含み、貧血の改善や神経のバランスを保つ役目をする。またビタミンB1の働きを高める効果もある。給食ではケチャップ煮や蒲焼き風としてもおいしく食べられる。また噛み噛みメニューとしても活用できる。
 そらまめは、温暖な気候のため12月ごろから収穫される、代表的な地場産物である。鮮度の低下が早いので、使うまではさやの中に入れて保存する。茹でて食べる以外にはかき揚げなどにも使える。ビタミンB群を多く含んでいるので、疲労回復をやわらげてくれる食品である。

出場者名成相 律子、曽木 さとみ

献立名 ご飯、牛乳、かつおの腹皮サラサ揚げ、
そらまめの塩ゆで、黒豚汁、ブルーベリーゼリー
エネルギー695kcal、たんぱく質31.7g、脂質17.4g(23%)、カルシウム294mg、マグネシウム75mg、鉄5.7mg、亜鉛2.7mg、ビタミンA221μgRE、ビタミンB10.81mg、ビタミンB20.48mg、ビタミンC61mg、食物繊維4.7g、食塩相当量2.2g